自己破産をすると信用情報機関のリストに名前が載ってしまいます。この信用情報機関のリストのことを通称ブラックリストと呼んでいます。自己破産の意味ですが、破産とは債務者が破綻していて、総債権者に対して債務を弁済することができない状態にあることを破産と言います。この破産を自ら裁判所に破産申立書を提出して、全ての借金を帳消しにすることが自己破産です。自己破産となってしまう理由は様々で、計画的にお金を使っていなかったり、あまり働かない、事業に失敗してしまって多額の借金を背負ってしまったなどです。

自己破産のメリットは、まず第一には借金がゼロになることです。また破産とはいえ、最低限生活に必要なものは差し押さえられることなく手元に残すことができます。20万円以下の、預貯金、株、車など、99万円以下の現金も持っていることができます。デメリットとしては職業に制限がかかること、手続きが完了するまでは、弁護士、公認会計士、税理士、司法書士、宅地建物取引業者、警備員などに就くことができません。
政府が発行している官報の破産者名簿に登録されますが、手続きが完了してしまえば名簿から削除されるのであまり心配はいりません。それよりも実際に影響があるのは信用情報機関のリストに載ってしまうことです。

これは銀行や信販会社や消費者金融で共有しているのでリストに載ってしまうと、キャシングを利用できなくなる、クレジットカードを作ることが難しくなるなどの弊害があり、このことをブラックといいます。

ブラック期間

自己破産をすると5~10年間はブラック期間になると言われています。なぜ5?10年なのかというと、信用情報機関のリストに自己破産者の情報が載っている期間が5?10年間となっているからです。例えば、自己破産中にお金がどうしても必要となり新たなクレジットカード会社にキャッシングを申し込んだとします。

申し込まれたクレジットカード会社は信用情報機関のリストを参照して自己破産者の名前を見つけると、クレジットカードの審査は通らなくなります。この期間が5~10年間となっています。ブラック期間は、クレジットカードを作ることやキャッシングの利用はかなり難しくなり、さらには新しいスマホが発売されたので電気屋に行きスマホの割賦契約を契約しようとするときにも、信用情報機関のリストに載っていると不利になり割賦契約できない可能性もあります。ローンを組むことも難しいので、住宅ローンや車のローンの契約も難しくなります。

ただ、5~10年間はブラック期間になるとはいえこのブラック期間が過ぎれば、また新たにクレジットカードも割賦契約も可能となるので、自己破産をあまり深刻に捉えないことが大事です。債務の弁済が不可能な状態に陥っていて精神的にも肉体的にも追い込まれる状態であることもありえるので、そういうときには自己破産をして借金を帳消しにした後に、新しいスマホを買ったり、新たなローンを組み、クレジットカードを作るようにしましょう。自己破産のブラック期間は一生ではなく、5~10年間です。

自己破産者はクレジットカードが作りにくくなる

自己破産者は信用情報機関のリストに載ってしまうのでクレジットカードが作りにくくなることは事実です。もし以前と同じクレジットカード会社を利用しようとしても、クレジットカード会社内のブラックリストに名前が登録されているので利用することはできません。社内でのブラックリストは生涯登録されているので、自己破産前に利用していたクレジットカード会社とは別のカードを作るようにしましょう。

5~10年のブラック期間が過ぎると信用情報機関からは情報が削除されるのでクレジットカードが作れるようになります。ただその場合にはブラック期間はクレジットカードの利用履歴が全くない状態なので審査は通りにくくなってしまいます。自己破産後でも作れるクレジットカードはありますが、クレジットカードと同様に利用できるプリペイドカードを作る方法もあります。プリペイドカードはチャージして利用するカードなので、使いすぎる心配はありません。

自己破産となってしまった理由は様々ですが、プリペイドカードであれば利用する金額をコントロールしながらカードで支払うことができるので、いくら使ってこれからいくら必要となるのかなどがわかりやすいメリットがあります。

またデビットカードであれば信用情報機関のリストに名前が載っているかどうかは審査の対象とはならないので、自己破産者でも作れるカードです。クレジットカードの選択肢は少なくなりますが、自己破産者でもカードを作ることはできます。