クレジットカードの審査は、カード申込者の信用力・返済能力を調べるためにおこなわれます。つまりカード利用者がクレジットカードを利用してショッピング・キャッシングした時に、その料金を返済できる能力があるのか、あるいはまじめに返済する姿勢があるのかを、クレジットカード発行前に事前に確認するわけです。

審査の難易度はカードの発行会社によって異なり、一般的には銀行系カードの審査がもっとも厳しく、消費者金融系カードが比較的緩やかとなっています。交通系・流通系・信販系カードはその中間になっています。

カード種類別では一般カードが審査が難易度が低く、ゴールドやプラチナカードなど利用限度額が大きく、サービス内容が豊富なカードほど審査難易度が高くなっています。

審査はカード申込者の信用力・返済能力を調査するので、申込者の年齢や職業・勤続年数や年収・資産状況が大きく影響します。また、過去においてクレジットカードを利用した際の料金の延滞や不払いがなかったかなど、支払い状況(クレジットヒストリー)もチェックされます。

同じカード会社が発行したカードの中にもランクがあります

カードには、同じカード会社が発行したカードの中にもランクがあります。カードの種類によってショッピング・キャシングの利用限度額、付帯するショッピング保険や旅行傷害保険の補償内容や利用できるサービス(空港ラウンジの利用など)などにも差別化が図られています。もちろん年会費も異なってきますが、入会資格や審査の難易度も上位のカードほど厳しくなってきます。

カード会社によってはゴールドカード以上では利用者自らが申し込むことができず、カード会社からのインビテーション(招待)がないと保有できないことも多くなっています。

カードの中で最も入会しやすいのは一般カードです。ショッピング限度額も50万円程度と少なめです。旅行保険などもカードによっては付帯しないことがあります。その代わり年会費無料のカードも多く、有料のものでも千円程度と定額で気軽に所有できるのが特徴です。

ゴールドカードは年会費1?3万円程度のカードが多いですが、中には2?5千円程度のゴールドカードもあります。ショッピング限度額が200万円程度のカードが多く、一般カードに比べ高額な買い物もしやすくなります。旅行保険の補償額も高額となるほか、空港ラウンジが無料で利用できるなどバランスが良いカードです。

プラチナカードはゴールドカードのさらに上位のカードです。多くの場合カード会社からの招待状が必要ですが、最近は利用者が申し込めるプラチナカードも増えてきています。この場合、年会費は2万円程度です。プラチナカードで便利なのがコンシェルジュサービスです。航空券や切符の購入などを代行してくれます。

クレジットカードで最高峰がアメリカン・エクスプレスのセンチュリオンカード、別名ブラックカードともいいます。年会費は35万円ですが、そのサービス内容は一般には公開されていません。

銀行系カードを発行する会社によって審査難易度が異なる

銀行系クレジットカードは、1960年代から銀行が子会社のカード会社を設立して発行してきた歴史の長いクレジットカードです。そのため発行カード数が多いのが特徴です。三井住友VISAカードや三菱UFJニコスカードなどがあります。審査は厳し目ですが、クレジットカードでクレジットヒストリーで実績をつくっておくと将来住宅ローンなどを利用する時に考慮されることもあります。

信販系カードにはオリコカード、ジャックスカード、セディナカードなど信販会社が発行するカードです。信販会社はもともと割賦販売を手がけていたため、リボルビング払いなどの支払い方法が主流になっているのが特徴です。

流通系カードはイオンカードやセゾンカードセブンカードなどの流通会社が発行しているカードです。スーパーマーケットで利用してもらうため、自分では収入のない専業主婦などでも申し込めるカードが多くなっています。そのため審査難易度は緩やかだと言えます。またスーパーマーケットで利用するとショッピング代金が割引になるサービスも多く人気のクレジットカードです。

交通系カードはビュー・スイカカード(JR東日本)など交通機関が発行するカードです。定期券機能などが付帯しているので、日頃通勤・通学で利用する交通機関が発行するカードを利用すると便利でポイントも貯まりやすいカードです。

消費者金融系カードはアコムやSMBCコンシューマーファイナンス(旧プロミス)などの消費者金融会社が発行するカードです。審査が緩やかなのが人気です。

独立系カードは上記のいずれにも属さないカードです。リクルートカードやSBIカードNTTグループカードなどが該当します。業種は様々ですが、例に挙げたカードの様に信用力の高い会社が発行していることも多いです。