クレジットカードの審査において、まず見られるところが収入・年収です。
なぜ、カードの審査においてここをまっ先に見られるのか、その答えは単純です。
カード申し込み者の年収が高ければ高いほど、貸したお金が返ってこない、
いわゆる貸し倒れのリスクが減るからです。

カード審査では、他にも勤務形態や持ち家の有無、借金があるかどうかについて見られますが、これらをチェックする理由も、年収をチェックする理由と同じです。
では、持ち家があって借金がなければ、年収がない、もしくは低くてもカード審査に通るかと言えば、それは厳しいです。
なぜなら、年収こそがカード審査のキモなのであって、他の部分は、それを補完するためのものにすぎないからです。

では、高年収であればあるほど、カード審査が有利になるのかと言えば、それはケースバイケースです。
例えば、年収150万の人より年収300万の人の方が、カードの審査に通る可能性が高いですが、年収800万の人より年収950万の人のほうがカードの審査に通る可能性が高いかと言うと、そうとは言い切れません。

このように、カード審査において、年収はひとつの重要な基準ですが、それが全てというわけではないのです。
基本的に、年収が高くなればなるほど、年収がカード審査に与える役割は低くなります。
もちろん、カードの審査に通る上で、年収が高いにこした事はありませんが、年収が高ければ他の要素が悪くてもなんとかなる、というわけではないのです。

つまり、カード審査に置いて年収の要素は大きな影響を与えますが、あくまで「大きな影響」に過ぎないのです。

年収の要素は審査に大きな影響を与えます

クレジットカードの審査において年収の要素は大きな影響を与えます。
しかし、それが全てではないという事は先に述べました。
では、年収ゼロの無職であっても、他の要素でカバーする事でカードを手に入れることは可能なのでしょうか。

結論から言えばそれは可能です。
ただし、発行できるカードの数は大幅に絞られます。
普通のカードは無職無収入お断りなので、無職でも発行可能なカード数枚に絞って、カードを申し込む必要があります。
この、無職でも発行可能といわれるカードの筆頭が楽天カードですが、他にも、カード機能付きのファミマTカードなどがあります。
無職でもカードが欲しいなら、これらのカードにひとつずつ申し込んでいくのが、無難な方法でしょう。

この、無職でも発行可能なカードに絞って申し込みをする方法以外にも、もうひとつだけ、無職がカードを手に入れる方法があります。
それは、家族カードを手に入れる方法です。
家族カードは、カード契約者の家族のみが契約できるカードです。
このカードの特徴は、すべての家族カードの支払いを本カードの持ち主(つまり大元のカードの持ち主のことです)がする点にあります。
カードの支払いそのものは、家族カードの持ち主ではなく、本カードの持ち主が行うので、
家族カードの持ち主が無職であろうが、支払い能力ぜロであろうが、なんの問題もないのです。

なので、無職の方がカードを契約するなら、この家族カードが無難でしょう。
なんらかの理由で家族カードが作れない、その時にはじめて、楽天カードなどの契約を考えるとよいでしょう。

無職でも審査に受かるクレジットカード発行のコツ

最後に、無職でも(あるいは年収が低くでも)審査に通りやすくなる、そんなクレジットカード発行のコツをご紹介しましょう。

カードを発行してもらう上で、もっとも大切なことは適切な時期に申し込みをすることです。
同じカードに、同じ条件で(例えば無職無収入で)申し込みをしても、ある時はカード審査が通り、ある時は通らないことがあります。
なぜこんなことが起こるのか、それは発行する側のカード会社にも都合があるからです。
基本的に、新規会員をあまり獲得する必要がない時期に申し込みをすると、カード発行の難易度が上がります。
逆に、新規会員獲得キャンペーンがやっていたり、あるいは決算が目前に迫っていたりして、なんらかの理由で新規会員が必要な時期に申し込みをすると、カード発行の難易度が下がります。

これは、後者の場合、今期は何人新規の会員を獲得したという実積が必要になるからです。
こういう状況時に申し込みをすると、会社側も新規会員が欲しいので、本来なら通さないような人でも、無理して審査を通すのです。
だからカードが欲しいなら、この手のキャンペーンを辛抱強く待つか、決算期に申し込みをするとよいでしょう。

このように、時期を待って適切なタイミングで申し込みをするのがカードを手に入れる上で一番大切な事ですが、他にも、キャッシング枠をゼロかそれに近い金額にすることで、(つまりショッピング枠だけのカードにすることで)カードを発行してもらいやすくなります。

なので、カードを発行してもらいたいなら、キャッシング枠をゼロにして、適切な時期に申し込みをするとよいでしょう。