クレジットカードには様々なものがあり、会社ごとに難易度も様々です。
一般的には、銀行系カードや信販系カード、流通系カードなどが難易度の高いものとして有名です。
銀行系カードにはキャッシングと一体化しているというメリットがあるので安定した収入があるかということを重視されることから、キャッシング目的でお金に余裕がない方が作成を考えると難易度が高いように感じる場合が多いです。

現在に借入がない場合も、過去の借り入れで少しでも支払遅延や滞納がある場合だと審査を通過することができません。
銀行系のクレジットカードで有名なのは三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行が有名ですが、こちらの3社は審査基準が厳しいことでも有名です。

また、一方で審査に落ちやすい人を対象にしたアコムなどの審査難易度が比較的低いカード会社もあります。
アコムACマスターカードなどは一定の書類基準を満たしている人は本人確認がなく、カード申請をしてから発行までのスピードが速いため、銀行系のクレジットカードに比べると審査基準は緩いと言えます。

流通系カードや消費者金融系のカードは会社によって難易度の違いがかなりありますが、銀行系のカードのように過去に支払い遅延や滞納があっても申込時点での収入の安定を会社が認めた場合はカードの発行を行える場合が多いので、「今は安定しているけど過去が…」という方は信販系のカードや流通系カードの大手企業のカード申請に挑戦してみることもオススメします。

銀行系カードは審査基準が厳しい

銀行系カードは審査基準が厳しいことで有名ですが、「カードを発行する会社の口座を開設している」という条件を満たしている人は審査に通る場合が多いです。

特に、その口座の中に預金、一定の収入があることが分かれば、ほとんどの人が審査を通過しています。
また、通過しやすい銀行を選ぶというのも一つの手です。

融資の幅が広い銀行は「様々な人に融資している」わけですので、専業主婦で正社員ではないという方なども審査を通過することができる場合があります。

どのクレジットカード会社も審査において一番重視することはやはり「返済能力の有無」です。

過去に一度でも支払遅延があったりすると通過しないという厳しいところから、現在とこれから、返済していくことができる状況にあるのかを見られるところまで基準は様々ですが、やはりクレジットカードを作る以上は借りた分はもちろん返すことができる、という状況を作っておくことが大切です。

また、審査基準の厳しい会社ですと職業、住居形態、勤続年数、勤務先の規模などをチェックされます。
銀行系のクレジットカードの発行を検討している方はできる限りの大手の会社に継続して勤め、しっかりとした家を構えているといいでしょう。

審査基準が緩いということで有名な会社でも、借入額が大きい、返済が滞っているものがある場合ですとほとんどの場合審査を通過することはできません。
新しくカード発行を申請する前に現在のものを清算してしまってからにしましょう。

審査期間は難易度の高いカードのものの方が長い

審査期間は難易度の高いカードのものの方が長いという傾向があります。

三井住友銀行や三菱UFJ銀行などの銀行系カード、楽天カードやライフカードなどの信販系カードですと2週間程度、イオンカード、セブンカードなどの流通系カードですと2週間弱程度、アコムACマスターカードなどの消費者金融系カードですと30分から1時間程度の期間で発行してもらうことができます。

やはり審査基準の厳しい会社はチェックすることも多いということから長期間かかってしまいますが、書類のみで通過することのできるアコムなどは本人確認が要らないとなるとかなりの時間短縮が可能なようです。

2週間~即日発行と期間はかなり違いますが、共通して言えることは、「信頼度の高い人には早くカードが届く」ということです。

支払い能力のある人には銀行などの審査基準の厳しい会社でも融資してもらえる場合が多く、ACマスターカードでも安定した収入を得ることが証明できれば比較的早くカードを発行してもらえるので、収入状況をしっかりと安定させておくことがクレジットカードのスピード発行につながるでしょう。

期間の短さでオススメなのはアコムACマスターカードです。
銀行系や流通系に比べると圧倒的な速さで発行してもらうことができます。

消費者金融って…と不安のある方も多いと思いますが、この会社の運営母体は銀行系カードも発行している三菱UFJ銀行なので、三菱UFJ銀行のカード審査に落ちてしまった、という方はアコムACカードに申請してみてはいかがでしょうか?