年金受給者は無職ということであるからクレジットカードの発行が難しいと思う方も多いかもしれません。しかしクレジットカードを作る際に年金受給者であるから落ちるということはありません。年金というものは国から給付されるものであり不安定な職種に就かれている方よりもよっぽど安定した収入があるとみなされるからです。

そのため各社申込みページにも年金受給者の申込み可と記載されていることも多く、大きなマイナスになるわけではないのです。収入が少ない方でもクレジットカードの審査に通り所持していることも少なくありません。

そのため年金受給者の収入でも金額に問題はないのです。しかし年金受給者が問題とするものは年齢ということがあります。クレジットカード会社からしたらカードを発行した方の年齢が高いほど、急に亡くなった場合の利用金額を回収できなくなってしまうリスクが生じてしまいます。

そのため65歳ほどを目処に新規の発行が難しくなっていくのです。もちろん70歳を過ぎてからでも審査を通りカードが発行されるということもありますが難しいことには変わりなくできるだけ早めに申し込みすることが良いでしょう。

とはいえこれから少子高齢化の時代ですし70歳過ぎてもまだまだ元気な方が多いので高齢者でもカードを発行するクレジットカード会社は増えてきています。

年齢のせいでカード発行を諦めてしまった方でも自分にあったカードをよく探し調べてみることでカードを持つことができるかもしれません。

年金受給者でもクレジットカードを作成可能

年金受給者でもクレジットカードを作ることはできるのですが、どんなカードでも作れるわけではありません。まずは年金受給者でも作れるカードなのかを調べてから申し込むことが望ましいでしょう。申し込む際職上選択欄に年金受給者という項目がなければそのカード会社は年金受給者にカードを発行するつもりが無いと見たほうが良いです。そういう場合は申込みはせず他のカードを調べてみることにしましょう。

クレジットカード審査に落ちるということはクレジットヒストリーに履歴として残ってしまいます。何度も審査に落ちてしまいますと申し込みブラックというものになってしまい、新規にカードを作ることができなくなってしまう可能性があるのです。

クレジットカードを作る場合には自分でも作れるかどうかをよく調べた上で申し込みする必要があります。年金受給者では発行されることが難しいクレジットカードですが楽天カード、エポスカード、イオンカードなどは年金受給者でも申し込み可能と明記されており、申し込みページの職業選択欄にも年金受給者という項目があります。このようなカードでしたら安心して申し込みをすることができるでしょう。

クレジットカードには色々な種類がありますが適当に選ぶのではなく自分にあったカードをを選び申し込むことが必要になってきます。また本審査ではなく仮審査を行っているカード会社もあります。

仮審査でしたらどんなに落ちても信用情報にキズが付く事はありませんので、まずは仮審査をして通るようでしたら申し込みをするというのもいいかもしれません。

年金受給者でも申し込み可能なクレジットカード

年金受給者でも申し込み可能とされている楽天カードエポスカードイオンカードとはどのようなカードなのか説明します。まず楽天カードとはその名の通り楽天が発行している年会費無料のクレジットカードとなります。

審査も通りやすく様々な年代の方が手にしており年金受給者でも持っている方の多いカードです。

大手ショッピングサイト楽天市場でのポイントがかなり貯まりやすくネットショッピングをよく利用する方にはおすすめです。次にエポスカードは百貨店のマルイが発行している年会費無料のクレジットカードです。エポスカードには海外旅行傷害保険が最初から付いており海外に行く際にオススメの一枚です。

また発行元であるマルイは年4回「マルコとマルオの7日間」というせーる行っており、セール中エスポカードで買い物をすると支払金額が10%引きとかなり大きな受けられるメリットがあります。

他にもファミリーレストランのロイヤルホストでの割引など、たくさんのお店で割引が受けられるカードです。最後にイオンカードですが、こちらも名前の通りイオンが発行している年会費無料のクレジットカードです。イオンやマックスバリュなどイオン系列で買い物することが多い方には是非オススメに一枚です。

毎月20日と30日に行われるお客様感謝デーでは5%の割引が受けられることや、55歳以上の方なら15日に行われるG.G感謝デーでも5%割引になるなどイオンでのお買い物がお得になる特典がたくさんあります。

それぞれのカードにはそれぞれの特典がありますので自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶようにしましょう。