自己破産という言葉、いっときブームのようにもなりました。
先にも書きましたが、社会的に抹殺されるといったような暗いイメージがある反面で、中には「借金を帳消しにできる」というように都合良く解釈している向きもあります。

事実、自己破産は借金がオールクリアになります。
他の債務整理方法では、借金の軽減はありますがすべて無しになる、ということはありません。

でもだからといって自己破産すればいいや、
というような安直な考え方はもちろんいけません。
よく噂で聞く、職に就けなくなったり、戸籍に記録が残る、などと言うことはありませんが、財産がゼロの状態からやり直すのですから並大抵のことではありません。
このことを、新たにスタートを切れる、がんばろう、とするか否かではまたその後の人生も変わってくるでしょう。

自己破産した場合にメリットデメリット表裏一体なのは一切今までのようにはクレジット・ローンが利用できないという事でしょう。
自己破産したらクレジットカードは作れないのか?とよく聞かれますが、答えは「さしあたりはYES」、です。
さしあたり、というのは、他の項目でも書いていますが自己破産を起こした後、その情報が信用情報機関に載っている期間は審査にパスすることは100パーセント無理だからです。
が、5年ないし7年たち、その情報が消去された後ではクレジットカードの審査には通るようになります。

この、クレジットカードが作れない年月ですが借金でさんざん痛い目を見たので一切クレジット利用はしたくない、という方、またクレジットカードを手にするとどうしても浪費を押さえることができない、というような方には大変メリットのある事だと思います。

しかし一方では、このネットショッピング全盛の時代にあってクレジットカードを1枚も持てないというのは非常に不便なことこの上ないです。
また、この期間はクレジットカードに限らずいかなるローンなども組むことが不可能ですので、教育や住宅、車などローンを組みたい場合には大変困難を強いられることでしょう。

このほかにも、自己破産をすると家族など近しい人間に影響を与えるということも頭に入れなくてはいけません。
また、連帯保証人がいる場合には自己破産をしても連帯保証人まで免責になるわけではありません。
そちらにすべて負わせる形になってしまいますからこの点も十分に考えた上での決断が必要です。