さて、よくクレジットカードの審査に関しての話の中ではブラックリスト、ブラック入り、なんて言葉が出てきます。
ブラックなんて、なんだかおどろおどろしい響きですよね。

このブラックリストなるもの、実際にはどういったものなのか気になります。
まあ、普段気軽にクレジットカードを利用しているとあまり借金しているという意識が薄く、ブラックリストというなんとなく恐ろしげな響きとは無縁な気がしてしまうものですし、どちらかというと、消費者金融とか、そういった事のほうがイメージが近いものです。

しかし間違いなくクレジットカード利用も借金であり、逆にそのカジュアルさからまるで自分の口座から引き出して買い物しているかのような錯覚に陥りやすく、結果使いすぎ、払えない、そして多重債務、という道をたどりやすい事もあります。
そうなってくると「ブラックリスト」との関係性も非常に濃くなってくるわけです。

さてこれが誰もが気になるところかとおもいますが、果たして現実に「ブラックリスト」というもの、存在するのでしょうか?
そしてこれが存在するのならばいったいどういう基準でリスト入りするのか。
例えば、金融事故の最たるものである自己破産をするとブラックリストになってしまうのか?など、気になることが満載ですよね。

これに関してはそんなものは都市伝説でありブラックリストは存在しない。そういう意見もあります。

確かに、断言しますが個人の信用情報機関であるCIC、JICCなどにはこのような「リスト」は存在しません。
こういった情報機関には、過去のクレジットカード利用やローンの支払などできちんと支払われているか、滞納したことがあるか、また金融事故があったか、そういった事が事実に基づきそれぞれが記号などで記録されているのみです。
クレジットカードの審査で紹介するとき、信販会社などはこの記号や記録を見て判断材料の一つとするわけです。

ちなみに、自己破産の場合は単なる遅延などの場合の記録とは違って「異動」と記されます。
ここからそれぞれの情報機関により5~7年間その情報が残され、クレジットカードの発行はおろか、他のローンなども組むことはできません。
実際にブラックリストは存在せずとも、このことを「ブラックリスト入りする」として語られている事が多いです。

しかし、カードの審査の際、この信用情報機関への照会のみで判断されるわけでは実はありません。
それぞれのクレジットカード会社の中で、いろいろな基準が設けられています。

ですから、自己破産から規定の年数を経て信用機関からその金融自己の情報が消えたとしても、その金融事故を起こしたクレジットカード会社の中の記録から消えているとは限らない、というわけです。
信用機関には存在しなくとも、クレジットカード会社にはブラックリストはもしかしたら存在するかもしれない、ということです。

なので、同じ会社や系列から発行されたカードで幾度も遅延などを繰り返している場合はもしかしたらその会社のブラックリストに載っていてそこの会社の審査ではなかなか厳しい判断が下される、ということも可能性としてはありえるわけですね。